ライフステージごとに考える

仕事に対するモチベーションを維持することは働き続けるために大切なことです。また、仕事で受けてしまうストレスに抗っていくためにも欠かせませんよね。
働く女性にとって大切なのが目標管理です。どのような目標を持って働くかは、タイミングを見計らって考え直す必要があります。そのタイミングは、ライフステージが切り替わるときを重視すると良いでしょう。女性にとって仕事と家庭生活は切っても切れない関係のため、ライフステージごとに目標設定をしなおさないと、適切な状態で仕事と付き合っていくことができません。
独身だと、やりたい仕事に携わることや将来の働きやすさ、すぐに必要になるお金の確保といった目標が一般的であり、基本的には仕事を中心にすることができます。しかし、結婚をすると少し状況が変わり、家事を担当しなければならなくなりがちです。働ける時間に影響がでる場合も多く、その範囲内で何を目標として働くかを考え直す必要が出てきます。
育児をするようになると、家庭生活は育児を中心に動いていくようになります。その間の仕事の目標として何を重視するかはまた変えなければなりません。
子どもが育ち、育児の負担が軽減されてきたら、新しい考えを持って仕事と付き合えるようになるでしょう。このような形でライフステージに着目して目標管理を行うことが、働く女性にとって有用な考え方です。仕事を続けていくためのコツとして理解しておくと役に立ちます。
参考おすすめサイト⇒「働く女性のための目標管理(http://worklady-management.com)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です